株式会社スタンバイ
エンジニア/酒葉 真祐子

日本発、世界に届ける検索プロダクト開発を自分事として進めていく

酒葉 真祐子

プロダクト開発部エンジニア

大学卒業後、2014年に新卒で株式会社ビズリーチに新卒入社。ビズリーチのインフラ運用のほか、ビズリーチキャンパスの立ち上げなど、新規事業におけるネットワーク構築に携わる。2019年よりスタンバイに参画。

急拡大事業の成長スピードに乗って、文系・未経験からエンジニアへ

2014年に新卒でビズリーチに入社し、以来一貫してエンジニアとしてプロダクト開発に携わっています。もともと文系出身で、大学時代は映画づくりにのめり込んでいました。将来のキャリアを考えたとき、ものづくりに携わりながら、手に職をつけて長く働ける仕事に就きたかったので、エンジニアはプロダクトを通じて事業を作る、とても魅力的な職業だと思ったんです。ビズリーチでは、当時、文系・未経験からエンジニアを目指せる環境があり、ゼロから学ぼうと飛び込みました。

入社後は事業拡大や新規事業立ち上げに伴い、主にインフラ構築に携わってきました。ビズリーチのインフラ運用と同時並行で、海外展開を見据えた新規事業のプロジェクトや、ビズリーチキャンパスの立ち上げにジョイン。スタンバイの一事業だった、企業向けのWebサービス開発も手掛けました。ビズリーチはサービスとしてどんどん大きくなっていき、守りを固めるフェーズに入っていく。一方で、新規事業も次々と立ち上がり、開発スピードが求められる。その両輪を同時に回せたのは、急成長を続けるビズリーチならではの経験でした。

エンジニア/酒葉 真祐子

事業づくりに携わる、当事者意識が浸透している

2019年よりスタンバイに参画し、当初は、合弁会社化に向けた個人情報管理のシステム整備を担当。現在は、検索結果の評価ツールや、求人の出稿がよりスムーズになる掲載ツールの開発を進めています。

答えがない中、ゼロからイチを作り出す。生みの苦しみと面白さが、スタンバイで働く醍醐味です。組織内に6つのスクラムチームがあり、各チーム4~5人のメンバーに開発プロセスの判断が委ねられています。テックリーダーやマネージャーなど特定の役職者が決めたことに従うという組織風土はありません。

例えば、掲載ツール開発であれば、企業様が最短で求人情報をリリースするために必須機能は何か。いつまでに実装すべきかを、メンバーで議論しながら決めていきます。エンジニアの得意な技術領域によって考えが異なるため、有識者にアドバイスを求めることもあります。ただ、まずはチームで考えたことを提案するボトムアップのカルチャーが根強くあります。「この事業を作るのは自分たちだ」という当事者意識を全メンバーと共有しながら、模索しながら自分たちで道を考え道を作って進む、立ち上げ期ならではのやりがいを感じています。

エンジニア/酒葉 真祐子

スクラム開発手法がつくる、自立・自走できる組織風土

エンジニア/酒葉 真祐子

スタンバイで働く大きな特徴の一つが「スクラム開発」の手法を取り入れているところです。

1週間をワンスプリントと設定し、毎週水曜日に4時間ほどかけて、1週間の成果物の発表と活動の振り返り、次の1週間の開発計画を具体的に決めていきます。見積もった時間に対し達成できなかったことがあれば、タスクの分解の仕方を見直していく。できたことを積み重ねていくんです。

スタンバイのスクラムでは、自分の枠を広げて、できる仕事を自分から提案して取っていく姿勢が求められます。メンバー間でタスクや課題、目標を常に共有しているため、「今日はここが進まなかった。何を改善したらいいだろう」などコミュニケーションも必然的に増えます。チームで進める開発案件を自分事(じぶんごと)化し、一人ひとりが自立的に動く。そんな組織づくりに、スクラムは非常に役立っていると感じています。

エンジニア/酒葉 真祐子

世界を見据えた検索エンジン開発に携われる醍醐味

スタンバイには、エンジニアとして事業づくりの中心にいながら、自分の技術領域にとらわれずスキルアップを目指せる、自由度の高い組織風土があります。新規プロジェクトの開発や現システムの拡張など、様々な技術的課題に対し自分たちで提案したソリューションで解決していきます。また、スクラム開発を進める中でチームビルディングや、ファシリテーションスキルを上げるなど、エンジニアリングにとらわれないスキルも上げるチャンスもたくさんあります。やったことのない領域に挑戦しようという自己研鑽のマインドがある方には、非常に刺激的な環境だと思います。

スタンバイはもともと、日本発の求人検索エンジンとして世界に打ち出していこう、と壮大な夢を描いて生まれた事業です。合弁会社化によって、ヤフーのアセットを活用できる最高の環境が整いました。土台ができているサービスを“進化”させていくのは、開発の中でもっとも難しいフェーズであり、エンジニア冥利に尽きます。世界中で利用されるプロダクトを目指し働ける会社は、スタンバイをもってほかに、なかなかないのではないかと思っています。