株式会社スタンバイ

世の中のためになるサービスを技術で作り上げる、スタンバイの主役はエンジニア

西山 創

テックリード

SIerでGUIアプリケーション、WEBアプリケーション開発からアーキテクトやDBAを経験。よりユーザーファーストなサービスを生み出したいという思いで、2011年事業会社であるビズリーチに入社。ビズリーチ事業を経て、スタンバイの検索エンジン開発に当初より参画。技術選定・リードを一手に担い、技術力で事業を牽引する存在。

ユーザーの反応から、
求められるプロダクトを形づくる

SIerで働いていると、発注者にプロダクトを納品した時点で対価が支払われます。技術者としての開発欲は満たされるのですが、納品後に自分の作ったプロダクトがユーザーにどう使われどう世の中のためになているのかをもっと見たい知りたいと思うようになったのが、転職のきっかけでした。当時のビズリーチは立ち上げてからまだ数年でしたが、その当時から代表の南は、「世の中をよくしたい」、「社会課題を技術で解決したい」という話をしていて、ここであれば困っている誰かのために自分の技術を活かして開発ができると感じたのを覚えています。

現在は、テックリードとして、エンジニアやデザイナー、プロダクト企画、マーケティング担当、営業など、部署を越えて協力しながら、既存のサービス改善・新機能追加、新プロダクトの開発に取り組んでいます。ユーザーが求めているものは何かを徹底的に考え、自前で検索エンジンをつくっているところがスタンバイの特徴です。エンジニアも「どうしたらユーザーのためになるか」をプロダクトマネージャーと話し合い、ユーザーの反応を確認しながら、利便性向上のために日々改善を続けています。

社会を支える幅広い人材のマッチングを適切にしたい

全雇用形態の求人情報を可視化できるのが、求人検索エンジン「スタンバイ」というサービスです。その重要性に改めて気付かされたのは、看護師の知り合いが、定年退職をした後の再就職にとても苦労しているのを知った時でした。彼女は、なかなか自分の希望するライフスタイルに合う職場が探せなかった。最後は、知人に紹介された隣町の病院に就職が決まりましたが、その病院は費用や手間がかかるせいか、メディアに求人広告を出していませんでした。働きたいと思っている人と人手不足の職場がすぐそばにあるのに、マッチングできていない。こういった状況は、全国の至るところで起こっていると思います。この話は一例で、スタンバイが向き合っている社会課題やターゲットは広いので、その分課題も様々ありますが、課題の多くはインターネットの力で解決できると考えています。

スクラム開発でユーザーファーストなプロダクトづくりを

スタンバイの開発体制は、2年ほど前からスクラムを採用しています。企画も開発もチーム一体となって行うので、メンバーが主体的に行動してプロダクトをつくりあげられる点が魅力です。一人ひとりがユーザーのことを考えて開発をし、トライアンドエラーを繰り返し、結果をチームでダイレクトに判断できるため、開発スピードも上がります。エンジニアも、自分たちのビジネスやプロジェクトに深い関心を持てるのが、スクラムのいいところですね。チームとしてどんな未来を描いているのか、その未来を実現するプロダクトづくりのために自分は何をするのかを常に考えるので、各々が自分の意見と責任を持って議論できていると思います。

スタンバイでは、「広告システム」と「検索システム」2つの別のシステム開発をしているので、技術的にも、見なくてはならない範囲的にも、エンジニアがカバーする領域がかなり広いです。なので、皆で一丸となって開発を進めながらも、各チーム間の連携やバランスもとても重要です。スクラムで、メンバーの得意分野は活かしつつ、どうバランスを取って、より良いパフォーマンスを出していくのかは、常に試行錯誤しながら日々改善して取り組んでいます。

サービスを形にするエンジニアが輝ける会社に

この1年でリモートワークは増え、どこにいても働ける時代になってきたように、働き方も時代に合わせて変わっていきます。この先、転職は今より当たり前になり、ひとつのキャリアのスパンも短くなると予想されます。そんな未来の働き方をサポートし、時代の流れを促進するサービスを生み出したい。そんな思いが共有されているスタンバイのエンジニアは、なかなか前のめりですよ(笑)。既存サービスの改善も、自分でキャッチアップした新技術を使ってみたいと果敢にチャレンジしています。スタンバイは、幅広い求職者のための求人検索エンジンなので、ユーザーが使いたいときに使えるサービスでなければならない。だからこそ、エンジニアの技術力が事業成長のカギを握っています。スタンバイは、サービスが技術で成り立っているので、自分の技術が世の中のために役立っていると実感でき、エンジニアとしてやりがいを感じることができるとともに、成長ができる環境が揃っています。